年賀状に修正液を使うのはマナーとしてどうなの?

年賀状の間違いを修正液で消すのは、マナーとして非常に微妙なところです。

 

親しい間柄なら許してもらえても、知人や上司といった他人が相手であればマナー違反となるでしょう。また、家族であっても年賀状などの知らせはしっかりしたい、そういう家庭でも修正液は御法度となります。

 

確かに小さな書き損じは誰にでもあり得ますし、ミスの度に年賀状を新しくするのは勿体ないです。

 

もちろん書き損じや使わなかった分は郵便局で交換してもらえるので、全くの損ではないです。

 

修正液を使った場合、相手によって受け取り方が変わり、マナー違反かどうかが決まります。

 

修正を甘えだと捉える人は、相手のミスや修正方法に対して厳しい評価をしがちです。中には、数十円のハガキ代すらケチって送ってきたと感じる人もいるでしょう。

 

部分的な修正が許容できる人達の中にも、名前や住所の間違いに厳しい人も存在します。

 

一文字くらいならOKという送る側の理屈も、何処まで許容されるかは相手次第ですから、前もって確認しておくことが必要です。

 

世間一般の常識的にはNGなので、基本的にはハガキ全般や手紙にも使わない方が賢明でしょう。

 

住所を間違えて戻ってきたものについても、誤りを上から修正して送り直すのはやはりNGです。

年賀状で一文字だけ間違えたら修正液を使ってもいい?

修正ペンも修正テープも使いやすくて、何時でも書き損じを直せる安心感があります。しかし、たった一文字すら修正は失礼ですから、どちらの方法も避けた方が良いでしょう。

 

修正ペンは明らかに紙と色が異なり、強い白で違和感を覚えさせます。また塗り方次第で不自然に盛り上がってしまうので、薄く塗るのも難しいです。

 

薄く塗れば誤字が綺麗に隠れるわけでもありませんから、修正ペンは使えないと考えるのが妥当です。

 

修正テープは均一に、面で塗ることができるものの、不自然な仕上がりになるのはペンと共通です。

 

絵の具や塗料も、部分的に色を合わせて塗るのは非常に難しく、調色できても完全な色合わせは困難だといえます。

 

修正液は紙に使うことを想定して作られていますが、違和感を生まないようには作られていないです。

 

後で印刷する原稿なら問題ありませんが、それ自体を相手に送る書類の年賀状には修正液を使わないようにしましょう。

 

ビジネスシーンにおいても、正式な書類に修正液は使用不可能ですし、契約書類であれば無効になるほどです。

 

手数料は掛かりますが、書き損じた年賀状は郵便局で交換してもらえますから、失礼に思われるリスクを背負うよりも素直に交換するのがベストです。

宛名や住所間違えで年賀状が戻ってきたら再送はNG

宛名を間違えてしまったり、住所の不足などで年賀状が戻ってきた場合は、修正液を使っても再送できないです。

 

そもそも、再送には宛名や住所の修正に加えて、配達できなかった旨の文言を二重線で消す必要があります。

 

再送などの文字を書き加えることも求められますから、単なる修正液よりも恥ずかしい結果になります。だからこそ戻ってきた年賀状は再利用できませんし、書き直して送った方が全体的に上手くまとまるわけです。

 

書き損じは交換してもらえれば解決するので、修正の手間を掛けたり恥の上塗りをするよりも、新しく書き直して送るのが正解です。

 

住所なら一文字くらい間違いがあっても、郵便番号と宛名で相手に届く可能性があります。逆の場合でも届くことは届くでしょうが、相手方に変更や引越しがあると途端に届かなくなります。

 

そういった時は相手に確認が不可欠ですから、やはり修正液を使うのではなく、一度リセットして書き直すのが得策です。

 

間違い自体が失礼に当たりますから、最初に年賀状を送る際に良く確認しながら書いたり、チェックしてから送ることをおすすめします。

 

いずれにせよ、戻ってきた年賀状は再利用不可で、新しい年賀状を書き直すのが常識的なマナーです。